Pocket

トイレのつまりが発生した場合、自分で下手な作業を行うことだけは、絶対に避けないといけません。いかなる場合でも必ず業者を呼んで、指示を仰ぐことが大切です。もちろんですが、業者に作業を依頼する以上は、それなりの費用がかかることも、心に留めておくのが必須。では、業者に修理をお願いした場合、一体どれぐらいの費用が必要になると考えれば良いでしょうか。

これについては、業者ごとに異なります。一般的には5000円から2万円程度と考えておくのが無難と言えるでしょう。この金額の中には基本料金と追加料金という、2つの体系の料金が含まれています。前者の基本料金とは、まさに基本となる金額そのものです。

これは、トイレのつまりのトラブルの原因をチェックし、基本的な修理を行うための費用です。どういう要因でトイレのつまりが発生しようと、根本的な原因を探り出すことが解決の近道になります。そうである以上、基本的な調査や作業と、それに付随する費用を外すことはできません。それに対して、後者の追加料金は、出張にかかる費用や時間外に対応する費用などに充てられます。出張には交通費が必要ですし、土日祝日や夜間であれば、時間外手当がかかります。

トイレ修理の料金は、概略的に言えば基本料金と追加料金を抑えておけば、まずは大丈夫です。もし心配であれば、担当のスタッフに予め聞いておくと良いでしょう。