Pocket

トイレのつまりを避けたいのであれば、普段から心掛けるべきことがあります。実際にこのことを知っているかどうかだけでも、トイレのつまりを根本的に解決できるか否かが大きく変わってくると言っても過言ではありません。

実際にトイレのつまりを起こすのには、大きく分けて3つの要因があると言われています。まず、水溶性ではないものをトイレの中に流してしまうことです。最近ではお掃除用に使うシートをトイレの便器に流すこともありますが、トイレットペーパー同様のレベルで水に溶けるわけではないので、あまり過剰に流さない方が良いのです。1日あたりの流す回数については、それぞれのペーパーで決まっているので、まずは正しい使い方を確認することが先だと言えるでしょう。

次に、大量のトイレットペーパーを流すこともつまりの原因です。トイレットペーパーが水溶性だとは言えども、さすがに限度があります。最後に節水を過剰に行ってしまうと排水管に蓄積されてしまいます。トイレットペーパーを流す際は、あくまでも少量で行うようにすることがポイントです。

このように、トイレのつまりにはさまざまな原因あります。どれも問題の引き金になりやすいので、十分に注意しましょう。

<参照HP>トイレつまり予防策_水回りのカイケツ君