トイレのつまりを避けるために

トイレがつまったときの対処法についてお伝えします

Category: 未分類

業者に依頼した場合の料金相場

Pocket

トイレのつまりが発生した場合、自分で下手な作業を行うことだけは、絶対に避けないといけません。いかなる場合でも必ず業者を呼んで、指示を仰ぐことが大切です。もちろんですが、業者に作業を依頼する以上は、それなりの費用がかかることも、心に留めておくのが必須。では、業者に修理をお願いした場合、一体どれぐらいの費用が必要になると考えれば良いでしょうか。

これについては、業者ごとに異なります。一般的には5000円から2万円程度と考えておくのが無難と言えるでしょう。この金額の中には基本料金と追加料金という、2つの体系の料金が含まれています。前者の基本料金とは、まさに基本となる金額そのものです。

これは、トイレのつまりのトラブルの原因をチェックし、基本的な修理を行うための費用です。どういう要因でトイレのつまりが発生しようと、根本的な原因を探り出すことが解決の近道になります。そうである以上、基本的な調査や作業と、それに付随する費用を外すことはできません。それに対して、後者の追加料金は、出張にかかる費用や時間外に対応する費用などに充てられます。出張には交通費が必要ですし、土日祝日や夜間であれば、時間外手当がかかります。

トイレ修理の料金は、概略的に言えば基本料金と追加料金を抑えておけば、まずは大丈夫です。もし心配であれば、担当のスタッフに予め聞いておくと良いでしょう。

普段から心掛けるべきこと

Pocket

トイレのつまりを避けたいのであれば、普段から心掛けるべきことがあります。実際にこのことを知っているかどうかだけでも、トイレのつまりを根本的に解決できるか否かが大きく変わってくると言っても過言ではありません。

実際にトイレのつまりを起こすのには、大きく分けて3つの要因があると言われています。まず、水溶性ではないものをトイレの中に流してしまうことです。最近ではお掃除用に使うシートをトイレの便器に流すこともありますが、トイレットペーパー同様のレベルで水に溶けるわけではないので、あまり過剰に流さない方が良いのです。1日あたりの流す回数については、それぞれのペーパーで決まっているので、まずは正しい使い方を確認することが先だと言えるでしょう。

次に、大量のトイレットペーパーを流すこともつまりの原因です。トイレットペーパーが水溶性だとは言えども、さすがに限度があります。最後に節水を過剰に行ってしまうと排水管に蓄積されてしまいます。トイレットペーパーを流す際は、あくまでも少量で行うようにすることがポイントです。

このように、トイレのつまりにはさまざまな原因あります。どれも問題の引き金になりやすいので、十分に注意しましょう。

<参照HP>トイレつまり予防策_水回りのカイケツ君

業者依頼の際の注意点

Pocket

トイレのつまりで困った時、業者を自宅に呼んで対応をすることになります。依頼の際は、注意しなければいけない点があるので、予め理解しておくことが大切です。では、一体どういうポイントに気をつけるべきなのでしょうか。

ここで必ずチェックしておきたいのは、トイレのつまりの修理を依頼しようとしている業者の信頼度です。トイレのつまりに対応する業者は多数存在しますが、中には高い修理代を請求するだけの悪徳な業者も居るので、その点は十分に気を付けないといけません。

例えばですが、十分な工事を行ったにも関わらず、追加でしつこく工事を押し付けるようなことがあれば、それこそ要注意です。水漏れだけ対応すれば良いのに、配管の状態がおかしいとか意味の分からない話をされたら、悪徳業者の可能性が高いです。次に、料金の説明が十分でない業者も、今一度疑う方が無難です。どんな料金でも内訳がありますし、それさえも確実に知ることができないようでは、さすがに困ってしまいます。

このように、トイレのつまりで修理を依頼するならば、本当に信頼をおける業者なのかどうか、厳重にチェックをしておくことが必要です。そうすることで、後になって自分が困ることがなくなるのです。

トイレのつまりの解決方法

Pocket

いつもと同じようにトイレを使っているのに、なぜかトイレのつまりが起こるようなこともあります。こんな時、何とかして問題解決を試みるものですが、ただ闇雲に対策をすれば良いというものではありません。トイレのつまりを起こさないために普段からどんな行動をすれば良いのかを理解することや、あるいは業者に修理を依頼する際に必要なポイントを知っておくと言ったことが求められます。そうすることで、トイレのつまりを解決するための土台が出来上がるのです。

こういう事態では、業者を呼ぶことになりますが、業者ならどこでも良いと短絡的な思考に陥るのだけは避けるようにしましょう。きちんとした業者は多いですが、中には悪徳業者も存在するので、信頼できるか否かを上手く見極めていかないといけません。

例えばですが、料金の説明が不十分だったり、あるいは要らない工事を無理矢理押し付けてきたりする業者は、信頼しない方が良いのです。業務に誠実に対応してくれる業者を選ぶことが、まずは重要です。次に、普段から心掛けておきたい行動についても知っておきましょう。トイレのつまりを起こしてしまう人は、水溶性ではないものをトイレの便器に流してしまう傾向にあります。これではせっかく修理をしても、根本的な解決はできないのです。最後に、料金相場も頭に入れておくことも必要だと言えます。基本的な料金体系は、どこの業者でも同じなので、まずはその点が理解できれば大丈夫です。

こちらのサイトでは、トイレのつまりを根本的に解決する方法について紹介。毎日使うトイレだからこそ、つまりを起こすことなく心掛けたいものです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén